親子のチワワが大喧嘩

チワワの『さくら』が母犬の『チェリー』を噛んだ」という相談を受けました。画像が添付されていたのですが、後ろ足の付け根が真っ青に腫れ上がっていて、数針も縫うケガを負ったとのことでした。

お互い顔あたりに小さな傷を作るくらいのケンカなら、あまり深刻にとらえる必要はありませんが、後ろ足となると少々心配です。逃げる相手に後ろから噛みついた可能性があり、それなりに攻撃的な噛みつきであると言えるからです。

8年くらい前になりますが、ある犬が他の犬のお腹に噛みついて殺してしまうという事件がありました。また5年くらい前に人から聞いた話では、ご近所で散歩をしていたトイープードルがシベリアンーハスキーに襲われ、慌てて抱き上げたらお腹に噛みつかれてしまい、そのまま亡くなってしまったという事件もあったそうです。このハスキーも、リードが付いていなかったそうです。どちらのケ-スも、噛みついた犬たちが悪いのではなく、飼い主のしつけや管理が悪いのです。

私はさっそく、チワワのチェリーとさくらに会いに行きました。チェリーはとても明るく人なつっこい子でしたが、つねにさくらの動きを気にしてピクピクしている様子がわかりました。

さくらのほうはしっぽを高く上げ、チェリーの動きを見張っていました。少々異常に感じられるくらい興奮し、スキがあったら飛びかかりそうな気配で、獲物を狙っているようにも見えました。2頭の様子は、小競り合いのように気楽に見守れる雰囲気ではなく、緊張感がありました。

チェリーはこの家でさくらを産み、飼い主さんはまさに赤ちゃんのころからさくらを育てていました。「だからかわいくてしょうがなくて甘やかしてしまった」と飼い主さんは反省していました。もちろんチェリーもかわいいけれど、さくらは別格なのだそうです。

その気持ち、とてもよくわかります。自分で取り上げてお乳を飲ませ、排便を手伝い、離乳食を作って育てたチワワは、数力月齢で迎えたチワワとは違った愛情が芽生えます。だからこそしっかりとしつけなくてはいけないのですね。耳の痛い話ですが、幸いわが家のアトラスは、毋犬や先輩のオス犬を傷つけたことはありません。体の小さな兄貴分であるアクセルに、今でも低い姿勢で服従するポーズを取っています。

溺愛されたさくらが自分の立場を誤解し、母犬であるチェリーにチャレンジしようとした可能性はあります。じつはこのような母娘のケースは、それまでにいくつか見たことがありました。これは私だけの事情かもしれませんが、血が流れるほどのケンカが起きたのは、すべて群れのメス同士でした。

チェリーとさくらの飼い主さんには、ケンカを止められるくらい群れでの存在感を持っていただくために、犬との正しい関係を作るためのベースプログラムを実施してもらいました。

そしてさくらの誤解を解くために、チェリーのゲージを飼い主さん一家が集うリビングルームに、さくらのゲージを家族があまり足を踏み入れない別室(ピアノ部屋)に置いてもらい、次回私が訪問するまで2頭を接触させないようにしました。

1ヵ月後伺ってみると、別室のさくらの様子がだいぶ穏やかになってきたように感じたので、さくらとチェリーを引き合わせてみることにしました。チェリーがいるリビングルームにさくらを連れてきてもらい、部屋の隅につなぎました。最初チェリーは、さくらとなかなか目を合わそうとしませんでした。まだ多少怯えて、警戒している様子です。

一方のさくらは、一生懸命チェリーを目で追っていましたが、私が最初に見たときのような異常な興奮や、獲物を追うようなギラギラとした攻撃的な目つきはありませんでした。普通に興味を持っている程度だと言っていいでしょう。「一緒に遊びたいのかな?」とも思えるような動きもありました。

リードの長さ以上はさくらが動けないとわかると、チェリーはだんだんさくらに近づくようになりました。さくらが寄ってくると少し離れて、振り返りながら観察しているようでした。それからしばらくすると、チェリーはソファの上で、さくらリードにつながれたまま床の上で眠ってしまい、穏やかな時間が流れ始めました。これが、母と娘、1ヵ月ぶりの再会の様子です。

それからさらに1ヵ月後、私は再び伺いました。さくらの表情はさらに穏やかになっていたので、リードを付けたままリビングに放してみることにしました。さくらの行動が自由になると、チェリーに少々緊張感が感じられたものの、ニオイを嗅いだり嗅がせたりして、お互いに適度に距離を取り合っているようでした。さくらがチェリーを遊びに誘うのですが、チェリーは興味がなさそうに無視して距離をとっていました。

仲良く遊ぶ様子は見られませんが、ケンカが始まりそうな気配もありませんでした。そこでさくらのゲージをリビングに移動して、さくらをゲージから出してみましたが、チェリーと一緒にするときはリードをつけたままで。万がいちケンカが起きても止めに入れるよう、必ず飼い主さんがそばにいて監視するようお願いしました。

さらにその1ヵ月後。ケンカする可能性はきわめて低くなったと判断し、さくらのリードを外すことにしました。まだ安心はできないので、今後も何事にもチェリーを優先する付き合い方を続けるようお願いしました。さくらをゲージから出す時間は、長くなりすぎないよう、最長でも30分。多くて1日3~4回にしてもらいました。

群れでケンカが起きる場合には、犬たちの順位も大事ですが、群れを見守る飼い主さんの存在感も重要です。人間だって、社長や先生、目上の人の前ではケンカしにくいですよね?

犬の群れで起きるケンカは、ほかのメンバーが止めることがあります。なので、飼い主さんにも止める権利があるのです。もし群れのなかで深刻なケンカが起きて、負傷する個体が出たとしたら、獲物と闘うときの戦力ダウンになるはず。勳物たちは、それを本能的に避けるようにしているのではないかと思うのです。

獲物を捕って生活する動物には、群れ内のケンカを避けるために「順位」が必要だったと考えます。たとえば5頭の群れでウサギを1匹捕ったとします。ウサギが2頭のお腹しか満足させることができない大きさだとすると、順位に従って上位2頭がウサギを食べて、あとの3頭は、「何だ、私たちには回ってこないんだ」と、すぐにあきらめるので、それを奪うための争いは起こさずに済みます。

でも、もしこの5頭が同じ地位で同じくらいの力を持っていたらどうでしょう? みな力ずくでウサギを食べようとして争いになります。結果的に負傷者が出て、次にシカのような大物が現れても、戦力が足りずに仕留められない、ということになりかねないのです。

自分たちで獲物を捕る必要がなくなった現代の犬たちは、順位が必要な場面があまりないので、意識は薄くなっていると思います。

しかしいざというときには、犬たちには順位の意識があるのだと、わが家の群れを観察していて感じることがあります。とくにオス同士のあいだではわかりやすく、メスはまた特別な立ち位置があるようです。

順位付けの訓練はとても重要です。ここをしっかりしておかなければなりません。チワワの基本的なしつけについてはチワワのしつけについてのサイトを参考にするのがわかりやすいと思います。

上手に多頭飼いするポイントは、平和を保つために群れの順位を意識すること。飼い主さんが群れをまとめ、しっかりと決定権を持つことなのではないかと思います。

 

リードを噛んでブンブン振り回すチワワ

子犬のころからずっと知っているチワワの「シンディ」の飼い主さんから、こんなメールがきました。「最近シンディが悪い子になり、散歩中リードに噛みついて暴れます。一体何の反抗でしょうか?」と。

会いに行ってみると、「不良娘」を感じさせるようなことはまったくなく、シンディはいつものように耳をぴったりと後ろに倒して頭を下げ、ほふく前進しながら私のところへ近づいてきて、コロッとお腹を出します。そんな姿を見ると私もかわくて仕方なくなります。

こちらのお宅では、レッスンのときにお茶菓子を出してくださるのですが、私がいるときのシンディは、少し離れたところから「私は、お茶菓子なんぞにはまったく興味はございません」とでも言っているかのような顔でこちらを観察しています。ところがふだんは、飼い主さんが持っているどら焼きに飛びかかり、スキあらばテーブルの上のまんじゅうを取り、くわえながら部屋じゅうを走り回るのだそうです。とても楽しそうなので見てみたいと思ったのですが、私がいるときは絶対にやってくれないのです。まあ、飼い主さんもまんざらではなさそうなので、あまり厳しくチェックする必要がなさそうでしたが、太らないようにご注意ください(笑)

お茶菓子の件はさておいて、外に出てお散歩の復習レッスンを始めることに。最初飼い主さんにリードを持ってもらうと、なぜか前回のレッスンでできていたはずの、「飼い主さんの横に並んで歩くこと」ができなくなっています。右に左に、好き放題に引っ張ります。

「確か前回のレッスンで、リードを短く持って、右に左に自由に歩かせないようにって言いましたよね。練習もしましたよね?」と指摘すると、飼い主さんは慌ててリードをたぐり寄せました。どうやら悪いのはシンディではなさそうです(笑)。

さっそくお散歩レッスンの基本である「ゆっくり歩く、たまに止まって、顔を見合わせる」をやってみました。すると、シンディはすぐに思い出し、ゆっくり私に合わせるように横について歩き始めました。そんなシンディを見て、飼い主さんは改めて感心する始末。

シンディはできます!と思ったら、急に引っ張り始めました。「あれ、どうしたんだろう?」と戸惑う私に、飼い主さんが気まずそうにひと言。「あの……」の道は、いつも車があまりこないので走ってあげているんですが、そのせいでしょうか……」。はい、そのせいです。

シンディは「いつも走っている道だから、走ろう!」って言ってるんですね。しかし、いくら車が来なくても、やはり公共の道路ではやめておきましょう。

走りたかったら、確実に安全が確保できる場所(たとえば広場や公園など)でお願いします。もちろん、ドッグラン以外では必ずリード着用です。ただしリード付きで走ってしまうと、上半身が浮き上がるほど引っ張る癖がつくことがありますのでご注意ください。

今までお散歩のレッスンをしてきて、上半身が浮き上がるほど引っ張ってしまう犬のほとんどが、リード付きで思いっきり走っている、または走ったことがあることがわかりました。どうしてもリード付きで走りたい場合には、安全な場所で走り出す前に「走ろう」と必ず指示を出してから走り出しましょう。

やめるときは「終わり」と指示を出して一度座らせ、落ち着かせてからふつうのお散歩に戻る、というふうにしてあげてください。そうやって犬の行動をしっかり切り替え、導いてやることが大切なのです。

歩き方と引っ張りの問題は解決しましたが、肝心の[リードをくわえて大暴れする]という行動がまだ見られませんでした。詳しく聞いてみると、猛スピードで走っているときにそういう行動が出るということでした。

私は、果たして日常において猛スピードで走る必要があるのか少々疑問でしたが、場面を見ないことにはアドバイスができないので、見せてもらうことに。

すると飼い主さんは、わざとシンディを声で挑発してから、ふだんのお散歩ではあまり見られないような速度で走り始めました。するとシンディはだんだん興奮してきて、まさにスピードが乗ったその瞬間、スイッチが入ったようにリードに噛みつき、うなりながら思いっきり振り回し始めたのです。

その様子を見た私は、テレビで見た、チワワが実際に狩りをしている場面を思い出しました。必死で逃げる小動物に狙いを定めて全速力で走り出し、追いついて飛びかかったその瞬間、首のあたりをくわえて激しく振り回したのです。

獲物を振り回す行動は、獲物の脊髄を折って仕留める動作の名残だそうです。狩りをする必要がなくなった今でも、ぬいぐるみなどを振り回す犬たちはたくさんいます。チワワはもちろん、穏やかで飼いやすい性質とされるシー・ズーやキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルでさえ、その動作をします。遠い昔、犬がハンティングをしていたころの習性は決してなくなってはいないのです。私はそういう犬らしい行動を見るのが大好きです。

私は、シンディが全力で走ることで。ハンティング・モードになり、本能的に噛みついたものを振り回す行動のスイッチが入るのではないか、そして、とりあえず身近にあったりリードに噛みついて振り回す行動を取ったのではないかと判断しました。

色々な種類の犬が参加する、獲物に見立てたルアーを追跡させるルアーコーシングで口輪をして口を開かないようにするのは、全速力で走って興奮モードに入った犬がルアーを噛みちぎったり、ルアーに追いついた犬同士が噛みつき合わないようにするためだそうです。やはり「スイッチ」は入るようです。

シンディは、決して飼い主さんに何か不満があったり、反抗したりするために噛みついていたのではなさそうです。実際、ゆっくり歩き始めると、まるで何事もなかったように元の冷静なシンディに戻りましたし、家での生活では、家族に反抗的な態度を取ることはまったくないからです。

チワワは、現在でも優秀なハンターの素質を持っていると思います。ドッグランなどで、よちよち歩く超小型犬を、獲物と勘違いしてスイッチが入ってしまう話は有名です。もちろん、すべてのチワワがそうなるわけではありません。弁護するなら彼らに悪気はなく、獲物のように見える超小型犬の動きが刺激となり、ハンティングのスイッチが入ってしまうだけなんだと思います。

私は、シンディは性格が悪くなったわけでも、気に入らないことがあったわけでもなく、飼い主さんに対して反抗的な意味でリードに噛みついたわけではないことを飼い主さんに説明しました。飼い主さんは、涙を流さんばかりに喜び、ほっと胸をなでおろしていました。

犬が飼い主に向かって「うなる」という行動は良くない! という説をそのまま鵜呑みにしてしまったために起きた誤解だったようです。ちなみにわが家の歯チワワは、遊びモードのときにふざけて無理やり抱こうとすると必死でうなります。甘噛みをすることもありますが、本気で牙を当てたことはありません。叔母さんが、もう大きくなった甥っ子を無理矢理抱っこしようとして「やめろよ~」なんて言われちゃうときに似ていると思います。基本的には私に絶対服従(?)で、必要な世話(耳掃除や歯みがき、爪切り)をするときに抱いてもうなりません。彼はわかっているのです(多分)。

子犬のころから、愛犬との正しい関係を作るためのベースプログラムを実施してもらっていただけに、飼い主さんが基本に戻って、ちゃんと歩かせるようにしたところ、シンディはお散歩の仕方をすぐに思い出しました。猛スピードで走るのをやめていただいたら、リードに噛みつくこともなくなりました。思いっきり走らせたいのなら、ドッグランで走らせてやるとよいでしょう。でも、くれぐれも呼び戻しがきちんとできるようになってからにしてくださいね!

ドッグランで愛犬をコントロールできないと、大きな事故が起きることもあります。

シンディを見ていて、子犬のころに学ばせるしつけの基礎が本当に大事なんだなと実感しました。チワワらしさが出ることはちょくちょくありますが、それもまた彼女の魅力です。シンディは本当に賢くて、空気を読める、愛らしい犬です。

相変わらずどら焼きを奪われるそうですが、飼い主さんは何だかうれしそうです。くれぐれも太らせないようにご注意ください。太らせてしまうと、飛んだり跳ねたり元気なシンディの運動能力では、腰や関節に負担をかけてしまいますので。

 

チワワの散歩は自由気まま

「散歩のとき自由気ままに動き回り、飼い主さんの指示に従わない」という相談を受けました。会いに行くと、チョコレート色のチワワが家の中を自由に走り回っていました。私に飛びつき、バッグを引っ張り、ジャケットを振り回すという熱烈歓迎を受けました。飼い主さんは「やめなさい!」と一緒になって走り回っていましたが、かえってチワワを興奮させるだけなので、やめるようにお願いしました。この場合は、バッグとジャケットを「チワワ」の届かないところに置くのが正解です。

まずは家の中でのトレーニングを見せていただくことにしました。飼い主さんがチワワを呼ぶと、一応はそばに来ます。おやつを握って「オスワリ、マテ」と指示を出すと素直に従いましたが、「ヨシ!」の声とともに走り出し、タイルカーペットを一枚くわえて走り出しました。あわてて捕まえようとする飼い主さんに、追いかけるのをやめるよう再度お願いしました。

チワワは「追いかけてもらいたい」のです。案の定、私たちが興味のないそぶりを見せると、タイルカーペットを置き去りにして、次のターゲットを探しています。「オスワリ」や「マテ」くらいだとチワワを飽きさせてしまうようなので、もっとトレーニングのレベルを上げることにしました。賢い犬は、すでにできるトレーニングに飽きてしまうことがあり、もっとおもしろい遊びに誘ってきたります。

そこで、チワワが嗅覚を使える遊び「さがせ!」をやってみることにしました。まずチワワを別の部屋に連れて行き、見えないように部屋のところどころにおやつを隠しました。チワワを連れ戻し「さがせ、さがせ」と声をかけてやると、チワワは、鼻を使って一生懸命探し始めました。

全部見つけるまでに3分くらいかかったでしょうか。チワワは一度もふざけずに一生懸命探し回りました。チワワの能力をできるだけ伸ばしてやるためにも、単調なトレーニングは控えて、好きな遊びも取り入れながらどんどんステップアップさせるようアドバイスしました。

同時に飼い主さんとの関係も見直さなくてはなりませんので、まずはベースプログラムを実施してもらいました。

3週間後、再びチワワに会いに行きました。いよいよ課題であるお散歩のトレーニングを始めます。飼い主さんとチワワは子犬のしつけ教室に参加したことがあるそうなので、まずはそこで教わったトレーニング方法を見せていただくことにしました。

「よーし、よし!」。飼い主さんは男性には少々似合わない(?)やさしい声で話しかけながら歩き出しました。

大きな体を一生懸命折り曲げながらチワワの近くまで顔を近づけ、たまになでておやつを与えながら歩いていました。

私は少し後ろからその様子を観察していたのですが、何かおかしい……。チワワがあまりうれしそうではないのです。ご主人は一生懸命ほめてごほうびまであげているのに、喜んでいないのです。チワワは意外と食いしん坊なはずなのに、なでるご主人の手をイヤそうに避け、おやつはそっぽを向いたまま「囗に人つたから噛んでいる」という感じでした。

私は、子犬のしつけ教室で教わった方法がチワワには合ってない、あるいは合わなくなってしまったと判断し、思い切ってチワワのお散歩トレーニング方法を変えることにしました。

ますご主人と代わってチワワと一緒に歩いてみることに。お散歩レッスンの基本は、リードを短く持ち、視線はできるだけ正面に向け、愛犬を見ないようにゆっくり歩きます。そして数メートルごとに立ち止まり、無言で犬のお尻を押して座らせます。それだけです。あまり高度なことをお願いしても、毎日実施するのは雜しいので、簡単な方法を提案しました。

お尻を押すときは、先生になったような気持ちで「お座りなさい」という感覚を伝えるように。座るまで押しつぶすのではなく、最初は補助の気持ちで導くのです。このときの犬の抵抗で、愛犬がどれくらい飼い主の力に従う気があるかわかります。

チワワのように訓練性能の高い犬種は、指示を出しすぎては逆効果で、自分で考えさせることが大切です。お尻を押して座らせる場合も、途中まで押してやり、[お尻を下ろせばいい」と気付くまで一定の力を加えて途中で止めておきます。自分の意志でお尻を下ろし始めたら、「いい子だ」などとすばやく声でほめて手をすっと引いて押すのをやめます。このとき、愛犬との会話が始まるのです。

同じルールを共有して歩けるようになったら、お散歩は本当に楽しくなるはずです。

さすがチワワ、しばらくすると自ら素直に座りました。少しだけ胸をなでてやりましたが、チワワはあまりうれしそうにしないのですぐにやめました。チワワがうれしくなければごほうびにはならず、行動の強化もできません。嫌がっている場合には罰になってしまいますので、注意が必要です。

いつでも誰にでもなでられたいと思っている犬は、そう多くはありません。とくに日本犬にはさわられるのが嫌いな子が多いです(もちろんそうでない子もいますが)。

ゆっくり歩いて止まり、座らせて言葉で軽くほめて、という作業をしながら歩き続けていると。チワワの様子がどんどん変わってきました。いつもはさんざん話しかけられるのに、そうではないことに違和感を感じたようで、かえって私へ意識を向け始めたのです。振り向くまではしませんが、鼻先が私の方へ向いたり、耳が動いて私の声に反応しているのがわかります。

ふだんからしょっちゅう名前を呼んでもらったり、「かわいいね」とほめてもらったり、なでてもらったりしている子は、トレーニングの際にほめられても反応が悪かったりします。そういう場合は、ふだんの生活のなかで無視する時間を作ることによってこちらの存在を意識させ、相手からこちらに関心を寄せるようにするとよいでしょう。あ、もちろん犬の話です(笑)。

私と歩き始めてから10分も経たないうちに、チワワは私が立ち止まるとすぐに立ち止まり、手でお尻を押さなくても自ら座るようになりました。学習が早い! そこで飼い主さんに交代しました。

「姿勢はまっすぐです。もっと顔を上げて!腕に力が入りすぎです。1回、深呼吸しましょう。腕は曲げないでなるべく動かさないように、体の横に付けておいてください。はい、歩き出してください!チワワを見ないで!危ないから前を向いて!チワワの動きは、できるだけリードから感じ取るようにしてください!しばらく話しかけないで歩きましよう!」

チワワはすぐに飼い主さんの変化に気付き、飼い主さんの動きを気にするようになりました。先ほどまでと違い、話しかけてくれないし、なでてくれないし、おやつもくれなくなったので、気になるようです。いつものパパと違うので、引っ張ろうとしてみたり、私のときには座ったのに、飼い主さんが止まっても座らなかったり、ささやかな抵抗を見せます。

でもじきに素直に歩き、座るようになりました。かなり良い状態になってきたので、チワワをほめてやるようお願いしました。

「グーッド!」と飼い主さんが言うと、チワワは初めて飼い主さんを見上げ、しっぼを振りました。愛犬と会話ができたと感じる、たまらない瞬間です。

散歩中に声をかけすぎると、犬が飼い主さんに集中しなくなります。声をかけるのは、上手に歩けたり、横断歩道で立ち止まったり、何か気になるものを遭遇して気をそらしたいときなどに限ってください。そうすると愛犬との自然な会話が成り立ちます。

チワワにとって、今までのトレーニング方法は「かまいすぎ」だったようです。学習能力が高い犬の場合は、手取り足取りやりすぎないようにして、「どうすればいいんだっけ?」と犬自身に考えさせることも意識してトレーニングするとよいでしょう。

湘南の海沿いを、息もぴったりに颯爽と歩いている男性&チワワを見かけたら、それは彼らかもしれません。